まんぷく(朝ドラ)ヒロインはなぜ安藤サクラ?脚本家の意気込みも!

朝ドラ まんぷく

2018年10月から始まる「まんぷく」のヒロイン役が発表されましたね。

芸能一家に育ち、去年ご出産したばかりの安藤サクラさんに決まりました。

NHK連続テレビ小説史上初の “ママさんヒロイン” が誕生!

朝ドラのヒロインと言えば、若い女優さんがやるイメージしかなかったのですが、とても個性的な女優さんが選ばれたということは、この役は安藤サクラさんでなきゃダメなんだという制作側の強い要望が伺えます。

今日は、まんぷくでヒロインを務める安藤サクラさんのプロフィールや、抜擢されるまでの経緯、なぜ制作側は安藤さんにオファーをしたのか?その時の家族の反応、また脚本家の福田靖さんについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

まんぷく(朝ドラ)の番組概要

番組概要です。2018年10月からスタートします。

・放送時期:2018年10月1日(月)~2019年3月30日(土) 全151回

・脚本:福田 靖

・演出:渡邊良雄、安達もじり

・プロデューサー:堀之内礼二郎

・キャスト:安藤サクラ、長谷川博己ほか

まんぷく(朝ドラ)のあらすじ

今や世界中で愛されている「インスタントラーメン」。
「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した日清食品創業者である、安藤百福(あんどう ももふく)さんと、妻の仁子(まさこ)さんをモデルにした物語です。

(スポニチより)

安藤サクラさんが演じる福子は、大阪出身で三人姉妹の末っ子。

戦前から高度経済成長期にかけての大阪が舞台。

楽天家で食べることが大好きな福子は、父を早くに亡くしたため、家計を支えようと女学校卒

業後にホテルの電話交換手として働き始める。

そこで、ある出来事をきっかけに夫となる萬平と出会う。

やがて2人は結婚し、強いきずなで結ばれ、世の食文化を変えるインスタントラーメンを生み出す。

お湯を注いで3分で食べられるインスタントラーメンだが、簡単に易々と発明されたものではなく、失敗を何度も何度も繰り返し、どん底を味わった末にできあがったものだった。

まんぷく(朝ドラ)ヒロイン役 安藤サクラさんのプロフィール

まんぷく(朝ドラ) 安藤サクラ

ヒロイン役に選ばれた安藤サクラさんのプロフィールを紹介します。

1986年2月18日生まれ(2018年2月現在32歳)東京都出身
学習院女子大学国際文化交流学部卒業

【女優としての経歴】
5歳の時、父の舞台を見て女優になることを決意する。

2007年、高校生の時に父が監督した映画「風の外側」で主演し女優デビュー。

2013年、映画「かぞくのくに」で第86回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞、実姉の安藤モモ子が原作、監督、脚本を手がけた映画「0.5ミリ」で優秀主演女優賞を受賞。

2014年、映画「百円の恋」で第39回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞など受賞歴多数。

【プライベート】
2012年3月、柄本 佑(えもと たすく)さんとご結婚
2017年6月、第1子を出産。

夫の柄本 佑さんとの馴れ初めは、2008年の「あきた十文字映画祭」で初めて出会い、「はじめまして!」と言ったさくらさんの声に佑さんが一瞬にして心惹かれてしまったんだとか。
その後、映画「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」で共演し、その映画の打ち上げで佑さんが猛アタック、3年間の交際の末、めでたくご結婚されました。

2人の結婚により、親戚中が集まればものすごい芸能一家!
お1人ずつ紹介していきますね。

まんぷく 朝ドラ

夫:俳優の柄本 佑(えもと たすく)31歳

まんぷく 朝ドラ

父:俳優の奥田瑛二(おくだ えいじ)67歳 見えない!

母:エッセイストの安藤和津(あんどう かづ)69歳

朝ドラ まんぷく

姉:映画監督の安藤桃子(あんどう ももこ)35歳

朝ドラ まんぷく

義父:柄本 明(えもと あきら)69歳

朝ドラ まんぷく

義母:角替和枝(つのがえ かずえ)63歳
この方が、柄本明さんの奥様だったとは知りませんでした。

朝ドラ まんぷく

義弟:柄本時生(えもと ときお)28歳
安藤サクラさんとは、朝ドラ「おひさま」で夫婦役で共演されてます。

スポンサーリンク

まんぷく(朝ドラ)ヒロイン役に決まった時の安藤サクラさんと家族の反応

実は、過去には朝ドラのオーディションを何度も受けていただんだとか。
書類審査で落とされたこともしばしば。

それが、数年後にはNHKの方からオファーが来るなんて、嬉しい限りですよね。

でも、第1子を出産したばかり、しばらくお仕事はもうほとんどしないつもりでいた安藤さんは、東京を離れ大阪での長期間の撮影に、体力的にも精神的にも厳しい朝ドラヒロインを引き受けることは「まず、無理だ…」と思われたそう。

でも、オファーが来たことが嬉しすぎて、そのことを夫である佑さんに伝えたら、「できるかもよ? やってみたら?」と背中を押す返事が返ってきたという。

そこから前向きに考え出した安藤さんは、ご家族にも相談すると、
父の奥田英二からは、「これは挑戦じゃなくて冒険だぞ。冒険に出てこい」
義母の角替からは「この仕事をやらないなら、仕事はもう一生やめなさい」の助言が。

さすが芸能一家ですね、家族からは皆揃って「やらないなんて、バカじゃないの?」といった反応で、応援を約束してくれました。

2か月間悩みに悩んだ安藤さんは、自身の母である安藤和津も働きながら育ててくれて「実際、私が母に感謝している!」と素直に思えたことが決断に至った大きな要因でした。

こうして、幼い子供を持った連続テレビ小説史上初の“ママさんヒロイン”が誕生することになりました。

「日常のあったかい瞬間が強さになっているので、そんな福子ちゃんを演じたい」と意気込む安藤さん。

まんぷく(朝ドラ)のヒロインに安藤サクラさんが選ばれた理由!

NHKによると、出産間もない子育て中の女優を、連続テレビ小説のヒロインに起用するのは初めてという。

キャスティングについて制作統括の真鍋さんは、以下のようにコメントされています。

「彼女に、朝ドラというフィールドでヒロインとして演じていただけたら、どんな素敵なことになるだろう。その着想にとらわれたとき、私はとても高揚しました。とりわけ、今回はおよそ40年という主人公の人生を描くことになり、生半可な演技力では太刀打ちできないと思っていたので、なおのこと『いいことを思いついた!』と思いました」

「お子さんがお生まれになったばかりだし、大阪でヒロインをやることはなかなか大変だろうなと思っていました。
そんなこともあり、安藤さんにしてみれば、このオファーには、もしかしたら戸惑いもおありだったかと思います。
しかし彼女は、覚悟を決めてくださいました。
その覚悟に応えるべく、私たち制作・演出陣も全力で安藤さんのお芝居をサポートします」

また、1日の収録時間を短くするなど、育児をサポートできる態勢を整えたいとも。

ちなみに、子育てに対するスタッフの協力的な姿勢も、安藤さんがこのオファーを引き受けた要因の一つでもあります。

まんぷく(朝ドラ)脚本家 福田靖さんの経歴や意気込み

過去には、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の脚本もされていて、それもとてもおもしろかったので、まんぷくも間違いないと思います。

そんな脚本家 福田靖さんの経歴をご紹介します。

1962年生まれ
山口県徳山市(現・周南市)出身。
劇団主宰を経て脚本家デビュー。

【主な作品
・救命病棟24時シリーズ
・ウエディングプランナー SWEETデリバリー(2002年ユースケ・サンタマリア、飯島直子)
海猿(2004年 伊藤英明、加藤あい)
・HERO(2006年 木村拓哉)
・CHANGE(2008年 木村拓哉、深津絵里)
・龍馬伝(2010年 福山雅治)
・DOCTORS〜最強の名医〜(2011年・2013年 沢村一樹)
・グッドパートナー 無敵の弁護士(2016年 竹野内豊、松雪泰子)
・先に生まれただけの僕(2017年 櫻井翔、多部未華子)

共同脚本を含めれば他にも多数あります。
どれも見てきたドラマばかりです。

福田靖さんは、「まんぷく」について以下ように意気込みを語られています。

「実は仁子さんを取材した本は一冊も出ていません。ネットや過去の雑誌を検索しても、仁子さんに関する記事は皆無です。ということは“福子さん”は、ほとんど架空の人物になるわけです。

もちろん、関係者の方々への取材は可能な限りしました。百福さんが成し遂げられた偉業の事実は“萬平さん”がドラマチックに再現してくれるはずです。でも、夫を支える妻、夫婦と共に暮らす妻の母“鈴さん”の三人が織りなす物語は、限りなくフィクションになるでしょう。

だったら、誰もが元気になれる楽しい“朝ドラ”にしなければ意味がありません。『毎朝15分の美味しいエンターテイメント!』をお届けします!」

まんぷく(朝ドラ)のまとめ

制作統括の真鍋チーフ・プロデューサーは「人はいつだってやり直せるというメッセージを届けたい。朝からクスッと笑えて元気の出るドラマにしたい」と語られています。

このストーリー展開は、朝が来るのがとても楽しみになるんじゃないかと、私は今からとてもワクワクします。

このドラマのテーマは、『復活の物語』なので、ヒロインから元気をもらえること間違いなしですね。

ヒロインの夫・萬平役に選ばれた長谷川博己さんについては、こちらの記事にまとめましたので、もしよろしければご覧ください。↓

まんぷく(朝ドラ)でヒロインの夫役が、長谷川博己さんに決定しました! タイトルの「まんぷく」は、ヒロイン福子(ふくこ)と、夫 萬平(まんぺい)の名前を合わせたもの。これで夫婦が出揃いまし...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 引用元:まんぷく(朝ドラ)ヒロインはなぜ安藤サクラ?脚本家の意気込みも! […]