モネ展2018横浜のチケットや日程と音声ガイド情報!見どころも紹介!

モネ展 横浜 チケット 音声ガイド

『モネ それからの100年』が、7/14(土)より横浜市美術館にて開催されます。

モネの作品は初期のものから晩年まであって全部で26点、中には日本初公開作品もあります

他にはロスコやウォーホルら約25人の作家による絵画、写真、映像など約50点が展示されます。

会期中には一部展示替えもあって、見どころ満載ですね。

今回は、モネ展について下記6つをご紹介します。

・日程や会場
・入場料とチケット購入方法
・グッズ
・音声ガイド
・見どころ
・高校生以下の無料観覧日

スポンサーリンク

モネ展2018横浜 日程や会場などの開催概要

横浜会場での日程や会場などの開催概要は、下記のとおりです。

〇開催期間:
2018年7月14日(土)~ 9月24日(月祝)

〇開館時間:
10:00~18:00
(9/14(金)、9/15(土)は20:30まで)
*最終入館は閉館の30分前

〇休館日:
木曜日(8/16は開館)

〇開催場所:
横浜美術館
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
TEL:045-221-0300(代表)

〇アクセス:
【電車】
・みなとみらい線「みなとみらい駅」3番出口から徒歩3分
・JR京浜東北線/根岸線・横浜市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩10分

【バス】
・桜木町駅から市営バス156・292系統で「横浜美術館」下車

【車】
桜木町駅前から日本丸方面へ入る。または桜木町駅前から紅葉坂交差点を右折してMM21地区へ入り美術館へ。横浜駅からは高島町MM21地区入口を通って美術館へ。いずれも3~5分。
首都高「みなとみらい出入口」も利用できます。

○駐車場
収容台数:169台(屋内121台、屋外48台)
営業時間:10時~21時
料金:最初の90分は500円、それ以降は30分ごとに250円

○お問合せ:
ハローダイヤル TEL:03-5777-8600

モネ展2018横浜 入場料金とチケット購入方法

入場料やチケット購入先は以下のとおりです。

チケット料金一覧

前売券だと当日券よりも200円安いですね。
2500組限定ですが、早割ペアチケットもあります。

  当日券 前売券 団体券 早割ペア
チケット
一般 1,600 1,400 1,500 2,000
大学・高校生 1,200 1,000 1,100
中学生 600 400 500
小学生以下 無料
65歳以上 1,500円

<早割ペアチケット>
2500組限定3月23日(金)~4月27日(金)の販売。
売切れ次第終了。

<前売券>
3月23日(金)~7月13日(金)の販売

※団体は20名以上(美術館券売所でのみ販売。要事前予約)
65歳以上の当日券は美術館券売所でのみ販売、要証明書
※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方1名は無料
※観覧当日に限り本展のチケットで「横浜美術館コレクション展」も観覧可

特別前売り券

グッズとセットになった特別前売券が4/28(土)より販売されます。
どちらも500セット限定ですので、ご希望の場合はお急ぎ下さいね。

グッズは本展会期中に、美術館内特設ショップにて引換えとなります。

■リラックマぶらさげぬいぐるみ付チケット
モネ展 前売りチケット 駐車場
画家になりきって睡蓮柄のTシャツを着たリラックマ(ぶらさげぬいぐるみ)とのセットチケットです。とてもかわいいです♪

・販売期間:4/28(土)~7/13(金)
・料金:2,400円(税込み)
・購入先:チケットぴあ(Pコード:768-788)ローソンチケット(Lコード:31795)・イープラス

■横浜元町「近沢レース店」コラボハンカチタオル付チケット
モネ展 前売りチケット 日程
「睡蓮」と「Monet」が入ったオリジナルレースのハンカチタオル1枚とのセットチケットです。色は前売券限定色のペパーミントグリーン。こちらはとてもお上品♪

・販売期間:4/28(土)~7/13(金)
・料金:2,400円(税込み)
・購入先:チケットぴあ(Pコード:768-788)・ローソンチケット(Lコード:31795)・イープラス

【チケット購入先】

会場の窓口でも当日券は購入できますが、オンラインで事前に購入しておけば、混んでいた場合に当日窓口に並ばずにすみますのでおススメです。

・横浜美術館
展覧会公式サイト
電子チケット「スマチケ」
イープラス
チケットぴあ(Pコード:768-788)
ローソンチケット(Lコード:31795)
CNプレイガイド
楽天チケット
Yahoo!チケット
Tチケット
・主要コンビニ店頭
・東京新聞販売店

モネ展2018横浜 グッズ

公式ホームページで掲載されているものと、名古屋開催で既に見に行かれた方がSNSでアップして下さっていたので、そちらもご紹介します。

○公式図録(192ページ、A4変形版)
2,400円(税込)

○リラックマ ぶらさげぬいぐるみ
1,400円(税込)

○リラックマ クリアファイル(A4サイズ)
500円(税込)

○リラックマ はがきセット
2枚セット 500円(税込)

過去に開催されたモネ展では、他にもしおり、ブックカバー、マグカップ、 i phoneケース、クッキー、シール、コースターetcが販売されています。

他にもまだまだありそうですね♪

スポンサーリンク

モネ展2018横浜 音声ガイド

モネ展  音声ガイド

音声ガイドナレーターを担当されるのは、声優の櫻井孝宏(さくらい たかひろ)さんです。
ご存じない方の為に簡単にプロフィールをご紹介しますね。

【プロフィール】
生年月日:1974年6月13日
年齢:43歳(2018年3月現在)
出身:愛知県岡崎市
身長:176 cm

【主な出演作品】
「おそ松さん」松野おそ松役
「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」岸辺露伴役
「デビルズライン」菊原桐朗役
「GOZILLA」メトフィエス役
「Infini-T Force」テッカマン/南城二役

1996年に声優デビューされていますので、キャリアはとても長いです。

オールマイティにどんな役でもこなせて、演技力の面でも評価がとても高い声優さんなんですよ。

展覧会とともに音声ガイドにもご期待ください。

当日貸出価格:550円(税込)

モネ展2018横浜 見どころ

モネ展 チケット 日程

なんといっても本展覧会の見どころは、モネの日本未公開作品が見られることだと思います。

また、タイトルの「モネ それからの100年」とありますとおり、オランジュリー美術館にある「睡蓮」の大作にとりかかったのがおよそ100年前。

この100年の間にモネに影響を受けた画家や作家30人の絵画、写真、映像も展示されます。

これらの共通点を見つける感じることも見どころの一つですね。

出品作家の一覧も掲載しておきます。

現役で活躍されていらっしゃる方がたくさん!

【出品作家一覧】
クロード・モネ(1840-1926)
アルフレッド・スティーグリッツ(1864-1946)
エドワード・スタイケン(1879-1973)
マーク・ロスコ(1903-1970)
ウィレム・デ・クーニング(1904-1997)
モーリス・ルイス(1912-1962)
サム・フランシス(1923-1994)
ロイ・リキテンスタイン(1923-1997)
ジャン=ポール・リオペル(1923-2002)
ジョアン・ミッチェル(1925-1992)
アンディ・ウォーホル(1928-1987)
ゲルハルト・リヒター(1932年生まれ)
ルイ・カーヌ(1943年生まれ)
堂本尚郎(1928-2013)
中西夏之(1935-2016)
松本陽子(1936年生まれ)
平松礼二(1941年生まれ)
根岸芳郎(1951年生まれ)
岡﨑乾二郎(1955年生まれ)
児玉靖枝(1961年生まれ)
鈴木理策(1963年生まれ)
福田美蘭(1963年生まれ)
丸山直文(1964年生まれ)
湯浅克俊(1978年生まれ)
小野耕石(1979年生まれ)
児玉麻緒(1982年生まれ)
水野勝規(1982年生まれ)

中学生と高校生ための無料観覧日もあるよ

毎週土曜日は、高校生以下なら学生証を提示するだけで、無料で観覧できます。

これは、とってもいいサービスです♪

学生証や生徒手帳を忘れずにご持参くださいね。

まとめ

日本では2015年に東京都美術館で「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」が開催され、約76万3千人の入場者数を記録しました。

今回の展覧会も大きな注目を集めると思いますので、混雑が予想される会期後半よりもなるべく早めにご来館下さいね。

↓7月1日までは、同展覧会は名古屋で開催です。

『モネ それからの100年』展が、4/25(水)より名古屋市美術館にて開催中です! モネの作品は初期のものから晩年のものまであって全部で26点、中には日本初公開作品もあります。 他...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする