ターナー展2018が京都で開催中!混雑予想と感想口コミ評判まとめ

ターナー展 混雑 感口コミ評判(出典:ターナー展公式Twitter)

「ターナー風景の詩(うた)」が、京都文化博物館で絶賛開催中です♪

SNSを見てみたら、皆さん大変ご満足なご様子なので、感想をまとめてみました。

けれど、展覧会はなるべく人がいない時にゆっくりと自分自身と対話しながら鑑賞したいもの。
混雑予想もしてみましたので、合わせてご覧ください。

今回は、下記の3点をご紹介します。

・感想口コミ評判まとめ
・混雑予想
・開催期間のおさらい

日程や開催場所・入場料などの詳細、音声ガイドのご案内、グッズ情報につきましては、こちらの記事をご参照下さい↓

「ターナー風景の詩(うた)」が、京都文化博物館にて開催されています。 今回の展覧会は、ターナー作品を所蔵しているスコットランド国立美術館(英国・エディンバラ)と、日本国内各地の美術館から...

スポンサーリンク

ターナー展2018in京都の感想口コミ評判まとめ!

色んな感想を取り上げてみましたので、順番にご紹介していきますね。

同じ物を見ても感じ方見方が人それぞれ違うのでおもしろいです。
皆さん色んなことを感じておられて、絵画鑑賞って感性が磨かれる気がします。

2時間は必要なんですね。

ターナー展2018in京都の混雑予想

SNSで北九州での開催時の混雑状況がUPされていました。
これらの情報を元に筆者が混雑予想をしてみました。

開催2日目なのに「列はほとんどなく、観れなくはない混み具合」だったんですね。

「金曜日は来場者が少ない曜日!」これ意外でした。狙い目かも!

さすがに会期終わりに近づくと平日でも混むんですね。でも15時過ぎれば落ち着く。

やはり週末は混むんですね。

上記の混雑状況をまとめてみますと、やはり週末よりも平日の方が空いています。

でも、京都文化博物館に直接電話で確認したところ、今のところ(3月上旬現在)週末でも行列ができるほどの混雑ではないようです。

でも中はガラガラではありません、とのこと。

展覧会は終わりに近づくほど混む傾向にあります。

北九州でも最終日は大変混雑していました。

できるだけ早めに行きましょう。

空いている確率が高いのは、学生さんが春休みに入る前の3月中の平日、しかも金曜日が狙い目かなと思います。

人の流れはお天気や気温などにも影響されますので、あくまでも参考程度にしてくださいね。

最後に開催期間をおさらいしておきます。

スポンサーリンク

ターナー展2018in京都の開催期間はいつまで?

開催期間は、2018年2月17日(土)~4月15日(日)の約2か月間です。

終了後に「しまったーー!」ってことがないようにくれぐれもご注意を。

まとめ

会場の一角には、ターナーが生まれた時から亡くなるまでの映像が流されている「やすらぎコーナー」という部屋があります。

そこで一休みしながら、ターナーという人物像にも触れてみて下さい。

それを見た前と後では、また違った感じ方をするかもしれません。

関連記事

ターナー展は京都以外に下記地域に巡回します。
・東京会場
・福島県郡山会場

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする