EWWW Image Optimizerはexec()かAPIキーが必要?の対処方法!

WordPress

WordPress をいじっていたら、初心者には意味不明なことが次から次へと出てきますよね。

画像圧縮プラグイン「EWWW Image Optimizer」を導入したら、またまた困った!に遭遇しました。

exec()? APIキー? 初心者の私には何のことか意味不明???

しばらく見て見ぬふりをしていたけど、WordPress にログインするたびに画面の上の方に注意喚起の文言が表示されるので、これほっといたらあかんやつ、と思いなおし調べてみたら、1分もあれば解消できました!

私と同じように困っている方もいらっしゃると思うので、情報共有です!

スポンサーリンク

EWWW Image Optimizeにはexec()かAPIキーが必要ってどういうこと?

私のWordPress にプラグイン「EWWW Image Optimize」を導入したら、下記文言が出現!

EWWW Image Optimizer には、exec() またはAPI キーが必要です。
システム管理者がexec() 関数を無効にしている場合は、有効にするように依頼してください。

EWWW Image Optimizerの設定画面を見たら、
「プラグインのステータス:注意が必要です
と赤字で書いてある!!!

WordPress

「exec()」「API キー」をググってみたけど、うーん意味がわからない。

システム管理者に有効にするように依頼って、電話かメールでわざわざ連絡取らなきゃいけないの?

そもそもシステム管理者って誰の事?

などなどわからないことだらけだったのですが、色々と調べていくうちに、WPXレンタルサーバーは初期設定ではPHP関数の「exec」ってものに制限をかけていて、それを解除しないとEWWW Image Optimizerを導入すると上の文言が出てくるようです。

赤下線の意味は今の私にはよくわかりません。。。

でも、意味がわからなくても、わざわざWPXレンタルサーバーに連絡を取らなくても、PC上で簡単に解消できたので、あなたもさっそくWPXレンタルサーバーの設定をEWWW Image Optimizerが使えるように変更しちゃいましょう。

その設定変更の方法を今から順番に説明してきますね。

スポンサーリンク

EWWW Image Optimizer をWPXレンタルサーバーで使うための対処方法!

まずは、WPXの管理パネルにログインしてください。

WordPress

ログイン後、①サーバー管理の「②PHP関数 制限設定」を選択。 

WordPress

「PHP関数 制限設定」の中に、「①exec」の項目があります。

初期設定では☑が入っていますが、このチェックを外し、「②設定変更(確認)」を押す。

WordPress

最後に「設定変更(確定)」を押す。

完了!!!

念のため、WordPress の「EWWW Image Optimize」の設定画面で確認してみて下さい。

ほら、先ほどの文言が消えてるでしょ!

プラグインのステータスは「すべて問題なし」になりました。

ねっ、簡単!簡単!

まとめ

システム管理者ってWPXレンタルサーバーのことだったのね。

他の会社のサーバーをご利用の方も、私と同じ現象で悩まれていたら、一度試してみて下さいね。

知らなかったことがわかるようになる、できなかったことができるようになる、っておもしろいなぁ。

WordPress 初心者さん向けに、私が解消できた困った事を、私の備忘録も兼ねて、これからもどんどんUPしていきます!

今日の記事がお役に立てたら嬉しいです♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. りなきむ より:

    はじめまして、同じくWPXサーバーとsimplicityを使っている者です。
    いっつもサイトのスピードが遅いと言われていたので、あんこさんのおかげでダウンロードしたEWWWを使えるようになり本当に嬉しかったです!
    どうしてもお礼だけお伝えしたかったのでコメントさせていただきました。
    ありがとうございました^^

  2. anko より:

    りなきむ様

    こんにちは~♪
    当ブログにお越し下さりありがとうございます。

    私の記事がりなきむさんのお役に立てて、とても嬉しいです。
    また、お忙しい中お礼コメントまで頂きどうもありがとうございました。